【転職とFIRE】信頼できるエージェントの選び方(5つのチェックリスト付)

転職

【転職とFIRE】信頼できるエージェントの選び方

こんにちは、はいぶりです。

失敗しない、成功する転職活動を進めるには、信頼できるエージェントが必要です。あなたのキャリア・パートナーとして二人三脚で活動を進めていく人が必要なのです。

以前「【転職とFIRE】失敗しない転職活動の進め方(準備・実行8つのステップ公開)」で、「準備フェーズ8つステップ」をご紹介しました。こちらのステップ3とステップ6でエージェントが登場しています。

【準備フェーズ8つのステップ】

1.転職の目的を整理する
(どんなキャリアを描きたいのか、何のために転職するのか)
↓
2.自分の強み・弱みを整理する
↓
3.複数のエージェントに登録し、3社程面談する
(自分の客観的評価、転職先の候補、履歴書・職務経歴書の書き方を教えてもらう等)
↓
4.履歴書・職務経歴書を作成する
(この間も1, 2を繰り返す)
↓
5.転職の決意を固める
(本当に転職したいのか、する必要があるか自分に問う)
↓
6.追加で3社程面談し、最も信頼できるエージェントをキャリア・パートナーとして選定する
↓
7.エージェント各社から求人票をもらい、応募資格に合わせて職務経歴書を更新する
(随時パートナーに相談する)
↓
8.パートナーと共に応募企業をリストする

どのエージェントをキャリア・パートナーに選ぶかで、あなたの転職活動の成功の是非を左右すると言っても過言ではありません。

「エージェントを利用する主なメリット」はこちらです。

・転職市場や応募希望の会社の状況を教えてくれる。

・履歴書・職務経歴書をレビューしてくれる。

・面接対策をしてくれる。

・選考中の複数の会社の面接日程を調整してくれる。

・年収交渉してくれる。

・退職交渉の進め方を教えてくれる。

・キャリア・パートナーとして、いつも心の支えになってくれる。

一方で、以前お伝えしたように、みなさんは転職エージェントの売りものでもあります。残念ながら、みなさんの経験やスキルを見て、入れやすい会社に入れることばかりを考えているコンサルタントも少なくありません。

そのため、上記のステップのように、複数(5社~6社程度)のエージェントと会ってみてください。「最低10社に応募しなくてはダメ」「早く応募しなければ求人がクローズしてしまう」と押し売り営業するエージェントもあるでしょう。

信じられないことですが、中には勝手に各社へ応募してしまうエージェントもあると聞きます。

恐ろしいことです。

信頼できるエージェントを見つけるためのチェックリスト

それでは、信頼できるエージェントはどのように見つければ良いのでしょうか。

「信頼できるエージェントを見つけるためのチェックリスト」はこちらです。

□押し売りをしない(無理に応募させようとしない)
 ※押し売り営業するエージェントの多さに驚くと思います。

□自分がどんなキャリアを描きたいのか、何のために転職するのか、
 自分の強み・弱みを熱心に聞いてくれる。

□自分が転職を考えている業界・会社・職種に詳しい。

□自分が作成した履歴書・職務経歴書を熱心にレビューしてくれる。

□感覚的に自分に合っているか(友人としても付き合いたいと思えるか)

一般的には総合大手エージェント3社、業界特化エージェント3社ほど面談すると良いと思います。

総合大手エージェントは求人票の数は多いですが、KPIに追われた若手コンサルタントが多い印象です。業界特化エージェントは求人票の数は少ないですが、業界に詳しいベテランのコンサルタントが多い印象です。

オススメは業界特化エージェントからキャリア・パートナーを選び、そのエージェントが持っていない会社の求人票に応募したい場合は、その会社への応募のみ総合大手エージェントから応募すれば良いと思います。

いずれにせよ、総合大手または業界特化のどちらを選ぶかは上記チェックリストを利用しながら、最も自分にフィットするキャリア・パートナーを選ぶと良いと思います。該当するチェックリストの数ではなく、上記チェックリストを軸に総合的に判断すると良いと思います。

転職に失敗して、またすぐに転職することになれば、それは履歴書上にキズとして残ります。

ブラック企業やパワハラなどにより心や体に影響が出るなどは別ですが、転職は「あせらず、じっくり進めること」をオススメします。

転職で失敗しないように、以下の記事も合わせてご確認ください。

【転職とFIRE】失敗しない転職活動の進め方(準備・実行8つのステップ公開)

【転職とFIRE】勝つ職務経歴書・履歴書の書き方(自己PRは不要か)

今日もありがとうございました!

コメント