未経験でもITエンジニア(プログラマー)として転職する最も確実で近道な方法

転職

未経験でもITエンジニア(プログラマー)として転職する最も確実で近道な方法

こんにちは、はいぶりです。

就職活動中の学生に「どんな職種がおすすめか」と聞かれたらぼくは間違いなく「プログラマー」と答えます。

もちろん、その人の特性や背景等により異なりますが、特に苦手意識がなかったり、特になりたい職種がなければ、プログラマーをおすすめします。

なぜでしょうか。

それは以下の3点からです。

・転職しやすい (キャリアアップ、選択肢増)

・副業しやすい (収入増、独立へのステップ)

・独立しやすい (フリーランス、会社社長、経済的自由)

つまり、人生100年時代において、キャリアの選択肢が爆発的に増えるからです。

2016年に経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年には約79万人のIT人材が不足するようです。

ぼくは長い間IT業界におり、採用する立場でも転職を支援する立場でもこのIT人材の不足を強く感じてきました。

実に多くの会社が早くプログラマーを採用したいと考えています。

中途採用は即戦力を求めますので、通常はその職種の専門性はもとより、コミュニケーション能力、論理的思考力、主体性、忍耐力等、様々な角度から評価されます。

ところが、誤解を恐れずに言うと、プログラマーだけ違うのです。

どの会社もプログラマーを採用したくてもなかなかできない。

一時的にではなく慢性的にそのようなことが続くと、あらゆる基準を下げ、最終的には「プログラミングができれば誰でも良い」というレベルにまで採用基準を落とす会社もあります。

つまり、プログラマーは自分が選ぶ立場にいるということです。

上記の「転職しやすい」というメリットは転職を勧めているのではなく、現職に残ってもいいし、転職してもいいし、どちらでも選べる立場にあるということです。

プログラマーとしてスキルアップすれば、年収アップの転職も、残業の少ない会社、働きやすい会社への転職も可能になります。

プログラミングスクールに通うこと

それでは、プログラマーとしての経験がない人はどうすれば良いでしょうか。

「転職(キャリアアップ)しやすい」「副業しやすい」「独立しやすい」ことから、新卒で他の職種で就職した人の中には職種を改めプログラマーとしてキャリアを作っていきたいと考えている人も多くいます。

そのような人たちはどうすれば良いのでしょうか。

それを実現する最も確実で近道な方法が、プログラミングスクールに通うことです。

独学でスキルを身につけようとする人もいますが、ほとんどの人が挫折します。

それは机上の勉強とは異なり、テキストを読みながらプログラミングをしても「エラーが起きて解決できない」「解決できてもまた別のエラーで全然前に進まない」ということが起きるからです。

また、未経験でも良いとするプログラマーの求人があったとしても、独学でスキルを習得した人ではかなりの実績を示さない限り、書類選考を通過することは難しいです。

一方で、プログラミングスクールに通った人は、過去に同様に未経験からプログラミングスクールに通い、転職を実現した前例が多いことから、採用する立場でも一定の安心感や信頼があるのです。

そのような観点からも信頼と実績のある以下の3社のプログラミングスクールがおすすめです。

①TechAcademy [テックアカデミー]

受講者数No.1のオンラインプログラミングスクール。通過率10%を突破した現役エンジニアからマンツーマンで学べる。

②TECH CAMP [テックキャンプ]

全サービスの受講者数No.1の60,000名以上、転職者数No.1の3,200名以上。未経験からのエンジニア転職。転職成功率は99%。

③CodeCamp [コードキャンプ]

オンラインプログラミング学習サービス。初心者でも、現役エンジニアの個別指導で効率よく確実にプログラミングが習得できる。

こちらの3社であれば、採用する会社側もスクールの卒業生がどのレベルに仕上がっているのかを想像することができます。「○○さんも未経験だったけど、△△のプログラミングスクールに通って、今は活躍してるな」と具体的なイメージができるのです。

結果として、書類選考を通過する確率が高くなり、未経験でもプログラマーとしての転職の実現性がぐっと高まるのです。

前述の通り、中途採用は即戦力を求めます。未経験では書類選考を通過することはできません。それでもプログラマーは人材が枯渇していることから、未経験でも応募できる求人があります。

中長期的にキャリア形成を見直す人は、ぜひプログラマーを選択肢の一つとして検討すると良いと思います。

プログラマーとしてのロードマップ

プログラマーとしてのロードマップは以下の通りです。

復習です。

未経験からプログラマーを目指す最も確実で近道な方法は、プログラミングスクールに通うことです。

また、数多くのプログラミングスクールの中からぼくがおすすめするプログラミングスクールは以下の3つです。

①TechAcademy [テックアカデミー]

②TECH CAMP [テックキャンプ]

③CodeCamp [コードキャンプ]

過去の実績から採用する会社も安心感や信頼があるからです。こちらの3社であれば、採用する会社側もスクールの卒業生がどのレベルに仕上がっているのかを想像することができます。

今回は「未経験でもITエンジニア(プログラマー)として転職する最も確実で近道な方法」について書きました。一度プログラマーとして転職して実績ができればさらなるキャリアアップ転職やフリーランスとして独立することも可能です。

転職を成功させるために、下記の記事についても合わせてご確認ください。

失敗しない転職活動の進め方(準備・実行8つのステップ公開)

信頼できるエージェントの選び方(5つのチェックリスト付)

タイミングを見て、キャリアアップ転職する方法やフリーランスとして独立する方法についても書きたいと思います。

今日もありがとうございました!

コメント